February 22, 2005

LWPx::TimedHTTP

[ Perl ]
This module performs an HTTP request exactly the same as LWP does normally except for the fact that it times each stage of the request and then inserts the results as header.

use LWPx::TimedHTTP qw(:autoinstall) とすると、LWP の通信の際に、レスポンスヘッダに通信に要した時間を記録してくれるモジュール。デバッグに便利、とあります。

レスポンスヘッダに記録された値は、

$response->header('Client-Request-Connect-Time');

などとして取得することができるので、通信時間がボトルネックかどうかを計測するときなんかに便利そうです。取得できる値には、コネクトするまでの時間、転送時間など4種類があります。

Posted by naoya at February 22, 2005 09:58 AM | トラックバック (0)  b_entry.gif
トラックバック [0件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/1486
コメント [0件]
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?