November 14, 2004

キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から・・・

[ ブックレビュー ]

超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から・・・』 ふと立ち寄った本屋で平積みになっていて、なんとなく買ってみたマーケティングの本だったのですが、とてもいい本でした。

超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から・・・
岸★ 正龍
フォレスト出版 (2004/10/21)
売り上げランキング: 146
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 5
5 ビジネス書のビッグウエンズデイ!今年一番のヒット!
5 これこそ実践本
5 コンサルタントの私が震えるほどの共感を得ました

モンキーフリップというメガネブランドを作った岸★正龍さんという方が書いているブランディングの本。なのですが、普通マーケティングやブランディングの本というとお堅い教科書のような内容というか、理論と実践について淡々と書いてあるという印象が強いところ、この本は実際にブランディングを行ううえで幾度もの失敗や泥臭い経験をしてきた著者の本音と、その経験に裏打ちされた確かなテクニックが余すところなく記述されています。

なんというか、この手の本には珍しく書き手の文章がとても熱く、ときおりジョークも混じっていたり、ブランディングのテクニックよりももっと深い心の持ち方的なところの記述が上手で、自己啓発の名著でも読み終えた後のような高揚感を味わった不思議な本でした。

本編のブランディングの手法ももちろん面白いのですが、時折交えられるマーケティング小話もいいです。著者の知識の広さをうかがわせます。(マーケティングに関するありとあらゆる本を読んだ、とありました)

例えばレナウンの「通勤快足」が、実は新製品ではなくて「フレッシュライフ」という名前で10年前から売っていて、全然売れてなかったものを名前を変えたら40倍も売れたという話。

とある路地でたこ焼き屋が二店、向かい合って並んでいて、一方は「向かいの店より絶対美味い」とかいていて行列を作っているのだが、実はその二店とも同じ人が経営しているという話。

思わずへぇ、が出てしまいそうなお話ですね。

というわけでまとまりのないレビューになってしまいましたが、おすすめの一冊です。なんか表紙とか帯とかをみると、いかにも的なデザインになっているので、最初は疑ってかかりがちですが、だまされたと思って一度読んでみてください。マーケティングを実際に現場で担当されているひとも、そうでないひとも。

Posted by naoya at November 14, 2004 10:13 AM | トラックバック (4)  b_entry.gif
トラックバック [4件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/1332
超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から・・・ [by 岸★ 正龍]
Excerpt: 超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から・・・posted with amazlet at 05.01.21岸★ 正龍 フォレスト出版 (2004...
Weblog: エンジニアがビジネス書を斬る!〜『エンビジ図書館』〜
Tracked: February 14, 2005 06:19 PM
【4冊目 超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から・・・】by岸★ 正龍
Excerpt: ブランド。この言葉を聞くと、ヴィ○ンやエル○スとかを思い浮かべると思う。でも、そこまで名前を知られてなくても(ブランド認知力がなくても)ある手法によって、ブラン...
Weblog: 凡人の逆襲日記!!
Tracked: February 24, 2005 01:38 AM
★★☆☆☆「キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から...
Excerpt: いつも応援ありがとうございます。今日は何位になっているでしょうか?-----------------------------------------------...
Weblog: カザフスタンで1分間書評!「一日一冊:人生の智恵」
Tracked: July 15, 2005 12:05 AM
『超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から…』 by 岸★正瀧
Excerpt: とても、好きな本です。好きな本ほど、キチンと紹介しようと思い、紹介することが遅れ
Weblog: 起業家のための書評ブログ
Tracked: July 20, 2005 07:02 PM
コメント [0件]
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?