September 13, 2004

Class::DBI ライクに XML を操作するクラス - Class::XML

[ Perl ]
Class::XML is designed to make it reasonably easy to create, consume or modify XML from Perl while thinking in terms of Perl objects rather than the available XML APIs; it was written out of a mixture of frustration that JAXB (for Java) and XMLSerializer (for .Net) provided programming capabilities that simply weren't easy to do in Perl with the existing modules, and the sheer pleasure that I've had using Class::DBI.

XML ドキュメントを Class::DBI ライクに操作するためのモジュール。いいかも。Class::XML を継承したサブクラスで XML 文書の構造をマッピングしてやると、以降はそのクラスのインスタンスを操作することで、透過的に XML 文書を読み書きできる。

XML文書構造をサブクラスで定義するのが面倒くさいので、Class::DBI::AutoLoader のように、XMLスキーマを読んでオブジェクトを自動的に生成できるようになったりするといいなあ、と思いながらも今度はスキーマ用意するのが面倒くさいか。

Posted by naoya at September 13, 2004 08:48 AM | トラックバック (1)  b_entry.gif
トラックバック [1件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/1234
teen sex
Excerpt: pantyhose l...
Weblog:
Tracked: January 8, 2006 12:14 AM
コメント [1件]

Class::XMLは利用可能なXML APIよりPerlオブジェクトで考えている間にPerlからXMLを作成・使用・修正するのをかなり簡単にするために作成されます。それはPerlの既存モジュールでは難しいJAXBとXMLSerializerが提供したプログラミング能力への不満とClass::DBI使用時の本当の楽しさをあわせて書かれていました。


変な訳だなぁ・・・・・

[1] Posted by: DDDD at September 14, 2004 10:32 PM [返信]
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?