July 24, 2004

Java の O/R マッピングツール Cayenne

[ Java ]
Cayenne(カイエン)は日本語に訳すと「唐辛子」という変わったプロダクト名を持つO/Rマッピング・フレームワークです。2002年6月にアルファ版がリリースされてから2年ほど経過したため、それほど新しいプロダクトというわけではありません。しかしながら最近はTheServerSide.comなどの記事にも頻繁に取り上げられ、Hibernateとも比較されることで注目を集めてきています。

@IT にて Java の O/R マッピングツールである Cayenne についての入門記事。Hibernate が注目を浴びる昨今においての yet another な O/R マッピングツールで、GUI で RDBMS とクラスのマッピングを設定していくことができるそうです。

Cayenne で生成したオブジェクトへの操作の仕方を見ていると、使用感は Perl の Class::DBI に近い感じですね。プライマリキーによってオブジェクトの識別子である ObjectId を振って、DataContext インスタンスにクエリを実行させて Iterator を取得、回して setter/getter でレコードを更新/参照すると。エンティティクラスの階層図は Movable Type の ObjectDriver フレームワークにちょっと似てるかな。

Posted by naoya at July 24, 2004 10:25 AM | トラックバック (0)  b_entry.gif
トラックバック [0件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/1146
コメント [0件]
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?