May 10, 2004

CNET Japan で検索サービス特集

[ インターネット ]
検索精度を高めることに注力していた黎明期から、各種広告サービスを導入したビジネスモデルの確立へ──。検索業界を取り巻く状況が劇的な変化を遂げる中、検索サイトを運営する各社は今後の狙いをどこに定めているのか。連載1回目の今回は、GoogleやYahoo、MSNを中心に、検索サービス市場における変化と現状をまとめた。

Google IPO に沸く近頃の検索サービス市場ですが、そんな中 CNET Japan で検索サービスの特集が始まりました。第一回は検索サービス市場の現状の総括。読み応えがあります。

今回の特集で個人的に面白かったのは後半に掲載されてる国内検索サービスの過去といまです。Google と Yahoo! の競争など、海外を中心とした検索がらみの話題は他のサイトでも多く語られて来ましたが、意外と国内のものは情報としてまとまっているものは少い印象がある中で、貴重な記事だと思います。

日本のポータルサイトで集客に一役買うのはサーチエンジンの性能ではなく、ポータルサイトとしてのコンテンツやサービス内容であることが多い。例えばYahoo! JAPAN。

海外の検索サービス市場に比べると、日本国内における Yahoo! Japan と Google の構図が非常に特殊な例であるというのは有名な話ですが、この点についての詳細と見解は次回とのこと。

以前、'なぜGoogleではなく、Yahoo! JAPANか?' という記事をエントリしたのですが、僕個人の考えとどこまで共通するか、どう違ってくるか、楽しみです。この記事は当時たくさんのサイトからリンクをいただき、相当な PV がありました。その辺からも本話題への関心の高さが伺えます。

Posted by naoya at May 10, 2004 11:34 AM | トラックバック (1)  b_entry.gif
トラックバック [1件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/1005
Web大衆化10周年 - 2
Excerpt: Web利用が一般化し始めて10年という節目を迎えるにあたり、ユーザーがWebに求める利用価値、Webで成し遂げたい欲求について振り返ってみたい。
Weblog: Ozakism
Tracked: May 14, 2004 09:55 AM
コメント [0件]
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?