February 07, 2004

Sledge のシーケンス図

[ Perl ]
Sledgeがどう動作してるのか理解するため、シーケンス図?作ってみました。自分なりにはどこにロジック入れるか考えたりするのに重宝してるので、誰かに役立てばと思い、公開します。

sledge-users より、Sledgeのシーケンス図公開のお知らせ。すばらしい。

Sledge はちょっとかじってみたことがあるのですが、ドキュメントがあまり用意されていないのもあって、動きを把握するのに結構時間がかかりました。(そして、把握しきる前に放置というオチ)

こういうときにシーケンス図ってのは威力を発揮するなあと再認識。でも多分、一度も Sledge を触ったことがなかったら、そういう感想は抱かなかっただろうな。

シーケンス図の肝は、コーディング前の設計のときよりも、コーディング後の知識体系の整理の方にあるんじゃないかとか思ってしまいました。

なお、このシーケンス図は Jude というフリーの UML モデリングツールで描かれているんだそう。こっちもチェックですね。

Posted by naoya at February 7, 2004 12:55 AM | トラックバック (0)  b_entry.gif
トラックバック [0件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/861
コメント [0件]