February 01, 2004

FeedBack FAQ書きました

[ FeedBack ]

FeedBack の FAQ を書きました。まだ色々と書き足すべき項目もありますが、ひとまず公開。

FeedBack FAQ
http://naoya.dyndns.org/doc/feedback/faq.html

# 細かいバグフィクスを随時やってます。

Posted by naoya at February 1, 2004 04:55 AM | トラックバック (8)  b_entry.gif
トラックバック [8件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/846
[
Excerpt:
Weblog: Tokyo Forum
Tracked: February 1, 2004 05:09 AM
「FeedBack」の達人になる
Excerpt: わたしもまだ単体でお世話になってるだけですが、「FeedBack」にFAQが出来たそうです。 「NDO::Weblog」naoyaさんによる「FeedBack FAQ書きました」 「FAQ よくある質問とその答え。」 FeedBackはRSSリーダーと連携して初めて本来の力を発揮します。是非RSSリーダと一...
Weblog: Tokyo Forum
Tracked: February 1, 2004 05:25 AM
FeedBack FAQ 公開!
Excerpt: すでにご存知の方も多いと思いますがBlog検索FeedBackについてのFAQが公開されてますね。すごくわかりやすい! おかげでFeedBackのランキングは何のランキングなのか?という昨日の素朴な疑問が解決してスッキリ。さらに検索時にandやorが使えることを知って喜んでます。F
Weblog: weblogわくわく
Tracked: February 1, 2004 12:33 PM
FeedBack FAQがリリース
Excerpt: Sticky FeedBack が載っていないなぁ・・・σ(^^;)はこれを一番便利に使っています。 FeedBack の
Weblog: あそびをせんとやうまれけむ
Tracked: February 1, 2004 01:34 PM
FeedBack...FAQリリースとFeeddemonとの連携
Excerpt: FeedBackのFAQの紹介、FeeddemonとFeedBackの連携...FeedBackのFeedDemon 用定義ファイルを作成しました。
Weblog: いい感じ
Tracked: February 1, 2004 09:02 PM
「FeedBack」と「RSSリーダー」のお試し中〓
Excerpt: いつも、検索にしか活用してなかった「FeedBack」ですが、FeedBackはRSSリーダーと連携して初めて本来の力を発揮します。是非RSSリーダと一緒に使ってみてください。というQ&Aの大前提を見てから、試してみよう、試してみようと思いつつ(^^;)、やっと先週から、やって...
Weblog: Tokyo Forum
Tracked: February 18, 2004 02:06 AM
FeedBack で「ひよこまーく」
Excerpt: 「ひよこまーく」フリークに与えられた試練。
Weblog: 観測気球
Tracked: February 19, 2004 10:44 PM
FeedBackを入れてみる
Excerpt: 小春日和の陽射しの中でさん経由、NDO::Weblogさんで面白くかつ私でもできそうなFeedBackを見つけたので入れてみた。 NDO::Weblogさんの記事はいつも私にはとってもムズカシイという感じを受けてましたがこのFeedbackは私でも理解できた。;-p うちのサイトではBlogPeople...
Weblog: Take it easy........
Tracked: March 10, 2004 09:30 AM
コメント [4件]

DMしましたがお返事を頂けないので、こちらにコメントします。

> RSS取得用のAPI仕様は?
> REST(HTTP GETにXML返し)アーキテクチャを採用し
> ています。(中略) 取得できる記事は、そのキーワ
> ードにマッチする最新20件分です。

REST APIを利用するRSSSearchというWebクライアントを作成しています。先日複数ページ対応したのですが、それに関連して是非以下2つのAPI機能エンハンスメントを検討頂けないでしょうか。

(1) リプライXML(RSS v.1.0)の中にkeywordに対する総検索件数を含めて貰う。RSS 1.0にはこれに該当するフィールドはありませんので、拡張名前空間で定義頂けると助かります。
(2) 現在APIは最初の1ページ(20件)しか返してくれないと思いますが、是非2ページ以降も返せるようにパラメータ(pageといった)をサポート頂けないでしょうか。

こちらで調べたところ、RSS検索エンジンでは、Technoratiは独自フォーマットXMLを使っていて(1)(2)ともサポートしているのですが、Feedster, Bulkfeedsは(2)のみサポート(つまり総ページ数を計算できない)といった状況です。
お手数をおかけして申し訳ありませんが、是非前向きにご検討を頂けますと大変助かります。

また、RSSSearchでのRSSの使い方についてはどのように思われますでしょうか。いまカスタマイズしている範囲は、RSS 1.0のフォーマットから2.0を変換作成すること位です。近いうちに該当キーワードの強調機能をつけようかと思っています。何かご希望などあれば頂けると幸いです。

[1] Posted by: myasuda at February 2, 2004 12:02 AM [返信]

もしRSS REST APIで対応が難しければ、XML-RPC対応APIというのはいかがでしょうか。こちらだとRSSの制約は受けず、独自フォーマットのXMLを利用できるので、パラメータなどはかなり自由に定義していけるのではないでしょうか。
WaypathやNewsIsFreeというRSS検索エンジンがXML-RPCベースのAPIを提供しています。
ご参考頂けますと幸いです。

[2] Posted by: myasuda at February 2, 2004 12:09 AM [返信]

myasuda さん

メール、スパムフィルタが誤認識していて、見逃していました。すいません。

ページングの件ですが、実装は容易ですが、FeedBack の RSS は他の検索エンジンにメタデータを提供するためのものではなく、あくまで新着記事を追いかけるためものと考えているので、考えていませんでした。

ページング機構を加えるとこんな風に広がるという具体例があればいいのですが、検索結果を使って Yet Another FeedBack を作るためだけだったら、必要ないかなと思ってます。

最終的にトラフィックを被るのはこちらですし。AWS のようにトラフィックが自サイトに流れ込むことによって何がしかの恩恵があるシステムにまで FeedBack を練りこめてないとうのが根本的なところです。

RSSSearch の RSS の使い方ですが、単に HTML に整形して出力しているだけですので、もう一工夫あったほうがいいかなと思います。1.0 から 2.0 への変換は、現状 RSS を解釈するプログラムは大概バージョン間の差異を吸収するので、それで誰が喜ぶかというと、特に誰も喜ばないような気も。

ちなみにキーワードの強調機能は、FeedBackでも現在実装中です。面倒くさくて放置気味ですけど。

[3] Posted by: naoya at February 2, 2004 11:23 AM [返信]

naoyaさん、フィードバック有難うございます。

> ページング機構を加えるとこんな風に広がるという
> 具体例があればいいのですが、検索結果を使って
> Yet Another FeedBack を作るためだけだったら、
> 必要ないかなと思ってます。

RSSSearchの場合は、多くのRSS検索エンジンを一度に利用することで、様々なデータベースを照会できるようにする点にポイントをおいています。各データベースが抱えているインデックスの違い、API機能の違いなどが分かります。ですのでYet another FeedBack ではない点をご理解頂けると助かります。今のところ、Blogdigger, FeedBackのみがページング機構をサポートしておらず、他の検索エンジンに比べ遜色があるように
見えできれば開発者の援助を得て回避したいと思っています。Blogdigger開発者にもお願いしています。

> RSSSearch の RSS の使い方ですが、単に HTML に
> 整形して出力しているだけですので、もう一工夫
> あったほうがいいかなと思います。

何かいいアイディアありませんかね、ってこれ考えるのがぼくの役割な訳ですが。一つ貰っているのは、一度に複数RSS検索エンジンの検索結果を一括表示というアイディアがあります。強調表示も勿論ですね。あと何かないかなあ... 差別化が必要というお話は私も思いますので、アイディアやコメントを頂ければどんどん前向きに検討していきたいと思っています。

[4] Posted by: myasuda at February 2, 2004 12:11 PM [返信]