December 06, 2003

ウェブログと"キャズム"

[ ウェブログに関すること ]
ブログ技術が今、テクノロジー・ライフサイクルのどこにあるのか?を考えると、まさにキャズムに指しかかろうとしているのでしょうか。

いつも興味深い記事を書かれていて目が離せない Goodpic にて、"テクノロジーライフサイクルとキャズム" の視点から昨今のウェブログブームを切るお話。面白い。

Innovators や Early Adopter、誤解を恐れずに言うとテクノロジーオタク、の心を惹くプロダクトが、Early Majority や Late Majority といった、いわゆる一般層に広がるためには一つ大きな壁があり、今まさにウェブログはその位置にいるのではないかと、jkanekomt さんは記します。

僕は一応、技術者のはしくれですから、この話題は痛いほどよくわかります。技術やその類を飯の種としているような人には、製品の持つ"技術"や"機能"を説明するだけで、そのよさを直感してもらうことが比較的容易なのはご想像の通りかと思いますが、そうではない人たちには、どんなに頑張って説明しようとしても通じないということが多々あります。

その原因は、彼らは「機能」や「技術」に目を向けているのではなく(意識をしている、していないはそれぞれですが)、「体験」に目を向けているという所なんだろうなと思います。それを使うとどんなことが「できる」かではなく、どんなことに「なる」か。或いは、それを使ってどんな成功が導けるのか、どんな成功事例があるのか。そういう視点に立って説明できると、割とすんなり共感してもらえたりするのですが、「RSS ってのはサイトの概要を記したメタデータで、XML で記述されているからプログラムから効率的に扱えるようになるんだよ!!」とか幾ら言ってもわけわかめです。

RSS リーダを見せて「ほら、メールみたいにサイトが見れます。」と言った方が良いし、「RSS リーダーを使えば10時間かかってたサイト巡回がものの30分で!」ってそんなわけないですけど、そういう言い回しで攻めないと駄目だったりするわけです。

Microsoft の CM で、エンジニアがあるシステムを指差してなにやら小難しい話をするのを聞いて、うんざりな顔をする人が、「このシステムを使った結果○○ドルのコスト削減が実現できました」というくだりで一転して身を乗り出す、というシーンがありますが、まさにそれですね。

個人的には、職場の同僚に対しては、起承転結の「起」と「結」だけではなく「承」と「転」、つまり物が動く仕組みにももう少し目を向けてくれるといいなあと思ってはいるのですが、必ずしもそれが必要な場面というのはそんなに多くないわけで、無理にそれを強制してしまうのはちょっとナンセンスなのかも、とも最近思います。

話がずれました。

キャズムをどうやって越えるか?という詳細は、ぜひ書籍を参照いただきたいのですが、ブログをめぐる面白いポイントは、「アーリー・マジョリティー = 価格と品質重視派」を説得する材料は、増え続けるブログサイトそのものが提供してくれつつある、ということではないでしょうか。

鋭い視点だと思います。現段階でウェブログはまだまだ Early Adopter な人のためのツールなのかもしれませんが、そのおかげでウェブログでは、ウェブログというそのものが話題にされることが多かったり、ユーザがいつもウェブログであることを意識して使っていたりすることが多いようで、ウェブログに対する疑問はウェブログで晴れる、という経験をされた方も多いことでしょう。(日記、という視点でみると Early Adopter 云々ってのは全く当てはまらなかったりもするのですが、まあそれは置いといて。)

さて、この"キャズム"ですが、ジェフリー・ムーアという方が記述した本、その名もずばり『キャズム』に詳しく書かれているそうです。言葉は聞いたことがありましたが、Goodpic のエントリを見てすごく興味惹かれたので思わずワンクリック。おおう。

キャズム
Posted by naoya at December 6, 2003 04:39 AM | トラックバック (11)  b_entry.gif
トラックバック [11件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/695
Blogはキャズムを超えられるのか...
Excerpt: 「Blog Innovators in Japan(Tokyo)」の中で一言、イノベーターからビジョナリーに拡大しつつあるBlogビジネスが次のキャズムを乗り越えられるかどうか、まだまだ先のことだろうけれど、興味津々。と書いたのだけれども...( 「キャズム」に関してはMy Favoriteを参照;-...
Weblog: いい感じ
Tracked: December 6, 2003 02:58 PM
ブログはキャズム(ハイテクの落とし穴)を越えてブレイクするのか?(Goodpic 12/5)
Excerpt: NDO::Weblog の「ウェブログと"キャズム"」経由 Goodpic のエントリ.「ブログ技術が今、テクノロジー・ライフサイクルのどこにあるのか?を考えると、まさにキャズムに指しかかろうとしているのでしょうか」との分析.「キャズム」は,ジェフリー・ムーアという人の書...
Weblog: Almost Free Internet Security
Tracked: December 7, 2003 12:00 AM
Blogとキャズムの関係
Excerpt: Blogの現状をキャズムの理論を用いて評価した記事がいくつかのBlogで書かれていました。 ちょうど同じ様な事を考えていて、簡単な資料を作成していたので、そちらを抜粋してアップします。 PDFファイルでダウンロード可能です。 ドキュメントの体裁としては、Blogと言う...
Weblog: Masa Blog
Tracked: December 7, 2003 03:19 AM
外からの目
Excerpt:  ココログ外のサイトからトラックバックをいただきました。 ビタミンX: ココログ専用検索エンジン「ココログル」 Movable Typeやチャンネル北国tvなど他のblogサービスに比べると、ココログはコミュニティ色が強い感じがします。これもサービスを提供しているニフティが...
Weblog: 此処録
Tracked: December 9, 2003 01:06 AM
「Blogはキャズムを超えられるか」って?
Excerpt: あちこちのBlogで懐かしい言葉がしきりに言及されている.(Goodpic,NDO::Weblog,Masa Blog,いい感じ) いわく 「Blogはキャズムを超えられるか」 「キャズム」は懐かしくていいんだけど,キャズム理論は,技術そのものではなくて,具体的な製品/サービスを想定しない限...
Weblog: [pshige's Type]
Tracked: December 9, 2003 04:22 AM
「Blogはキャズムを超えられるか」って?
Excerpt: あちこちのBlogで懐かしい言葉がしきりに言及されている.(Goodpic,NDO::Weblog,Masa Blog,いい感じ) いわく 「Blogはキャズムを超えられるか」 「キャズム」は懐かしくていいんだけど,キャズム理論は,技術そのものではなくて,具体的な製品/サービスを想定しない限...
Weblog: [pshige's Type]
Tracked: December 9, 2003 04:29 AM
blogはキャズムを超えるか?
Excerpt: Japan.internet.com デイリーリサーチ - 個人向け Weblog サービス、その受容性は?というアンケート結果記事で、全国の10代〓50代のインターネットユーザー300人を対象に行って、「Weblog を「日常的に読んでいる」と答えた人は47%と約半分」「現在 Weblog を運営してい...
Weblog: network styly *
Tracked: December 12, 2003 01:13 AM
Weblogの「キャズム」をどの視点で見るか
Excerpt: 「キャズム」はもともとビジネスでの理論だからか、元の記事はWeblogのサービスなどを考えている企業が主で、ユーザーはあくまで従の感じがして、ちょっと違和感がありました。
Weblog: ARTIFACT −人工事実−
Tracked: December 17, 2003 08:03 AM
「Blogはキャズムを超えられるか」って?
Excerpt: あちこちのBlogで懐かしい言葉がしきりに言及されている.(Goodpic,NDO::Weblog,Masa Blog,いい感じ) いわく 「Blogはキャズム...
Weblog: [pshige's Type]
Tracked: November 4, 2004 02:16 AM
CMS vs. キャズム (MovableType vs. Zope)
Excerpt:  [pshige's Type] - 「Blogはキャズムを超えられるか」って?やNDO::Weblog - ウェブログと"キャズム"で、ブログがキャズム (ハ...
Weblog: Kazuho Oku's blog
Tracked: December 27, 2004 01:14 PM
「ブログの終わり」? それは「キャズム」を越え、一般化・大衆化によって薄まった時代の到来
Excerpt:  最近、「ブログの終わり」という話がブログ界隈で盛り上がっている。4月末には「ブログブームの終わり」というタイトルの記事が象徴する「ブログの予想以上の内容の薄さ...
Weblog: 絵文録ことのは
Tracked: May 26, 2005 03:55 AM
コメント [0件]