December 02, 2003

IBM ThinkPad の耐久テスト現場レポート

[ コンピュータ ]
見学ツアーでは、液晶ディスプレイにかかる予想外の圧力をテストする「液晶ディスプレイ圧迫試験」、ヒンジや液晶ケーブルの耐久性を検証する「液晶ディスプレイ開閉試験」、落下時に衝撃を受けやすい4隅などの強度を確認する「角落下試験」、HDD動作時に落下させる「動作時落下試験」など、思わず「ああー、PCにそんなこと……」と目をそむけたくなるようなテストの数々が紹介された。

IBM ThinkPad の耐久テスト現場の様子のレポート。面白いです。こうやって、色々拷問をかけて耐性をテストするんですね。へぇ。(”へぇ"は流行語大賞のトップテンに入ったみたいで。)

ThinkPad といえば、打ちやすいキーボードに代表される人間工学に基づいた細かな作り込みと耐久性の高さが有名ですが、その実現のために裏でこんな色々な実験が行われているようです。まあ、他社の製品でも同じように耐久テストなどは当然すると思うのですが、こういう日頃なかなかお目にかかれない現場をプレスに開放する姿勢には、IBM の、自社の製品に対する自信が伺えます。

ThinkPad は、同時期にリリースされる他社のノートPC に比べて、スペックでいくと一回り見劣りする割には値段は高かったりということが多いのですが、その理由はこういうところに隠されているわけで。前に VAIO505 を買ったときに、最後まで ThinkPad とどっちにするか迷ったのを思い出しました。そのときは VAIO505 が同時期の PC に比べてスペックで群を抜いて高かったので、VAIO を選択したのだけれど。あのとき ThinkPad を買ってたらとか、その後何度も思いました。(ThinkPad を買ったら買ったで VAIO を買っとけば、とか言いそうだけど。)

そういえば SE が一番好んで使うノートPCはThinkPadという記事を以前にどっかで見たなあ。(ぐぐると、批判も少なからずあるようだけど。) うちの会社でもシステム部門ではThinkPadを愛用しているという人が多い気します。最近すごい勢いで Mac 派が増えてきていますが。僕もその一人。

今日も僕のチームの先輩が、「iBook って幾ら? 」とか何やら買いそうな雰囲気満々で聞いて来ました。もうじきボーナス、さてどうなるか。(笑)

Posted by naoya at December 2, 2003 02:50 AM | トラックバック (0)  b_entry.gif
トラックバック [0件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/687
コメント [0件]