November 28, 2003

ビジネスの世界では Apache ではなく IIS

[ Linux & UNIX ]
調査結果によると、Fortune1000企業が保有するWebサーバーに限定した調査で、53.8%の企業がIISを使用していることがわかった。Port80ではこの結果をもとに、ApacheがWebサーバーで最大のシェアを持っているとの英Netcraftの調査結果に疑義を投げかけている。Netcraftの2003年11月の調査結果によれば、Apacheのシェアは67.41%で、それに対してMicrosoftのIISは21.02%に止まっていた。

少し前のニュースですが、ビジネスでは IIS のシェアがかなり高いのだいう話。よくウェブサーバのシェアの話をする際に、Apache がオープンソースでありながら過半数以上を占めるという話がされますが、適用事例をビジネスに限定してみると、このような結果が出ると。IIS のシェアが高い = ビジネスでは Windows サーバが多く使われていると言い換えることもできます。

Apache のシェアが、ビジネス用途ではそこまで高くないだろうというのはちょっと納得。僕も仕事でときどき Apache を使ったシステムに触れることはありますが、どちらかというとこれまでは商用のウェブサーバに触れる機会の方が多かったです。(IIS ではなく、iPlanet とか Zeus とかですが。)

日経システム構築や日経インターネットソリューションを購読しているのですが、(積読しまくり) ビジネスにおけるシステム構築事例とかいう記事では Windows サーバに IIS というのがよく紹介されています。大学なんかではよくオープンソースなソフトウェアを使いますけど、その流れもあっててっきり Apache だらけな世界を想像していた僕は、それらの雑誌記事を見て「いつのまにか Windows サーバが流行りだしたのかな」とか最初思ったりもしたもんですが、実際にはそうではなくて、ミッションクリティカルな分野ではやはりサポートが重要な鍵を占めるわけで、そんな理由から Windows + IIS という選択をする企業が多いということです。

2年ほど前に Linux カンファレンスで IDG のサーバ利用状況調査みたいな講演を聴いたときにも、IA サーバの多くは工場出荷時には Windows がインストールされてるという話がされて、「Windows サーバってそんなに使われてるんだ...」とか呟いたのを思い出しました。

とかいいながら、僕は全然 Windows サーバには触れないんですけどね。金融システムや業務支援システムのようないわゆる "ビジネス" という業界とはちょっと色が違うのがその理由でしょうか。

Posted by naoya at November 28, 2003 12:33 AM | トラックバック (0)  b_entry.gif
トラックバック [0件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/677
コメント [4件]

いやその、「積読」という単語で出てきたわけじゃなくて。

以前新卒者に対する企業説明会に出展者として参加していたときに、「Apacheサイコー」な学生と話をしたことがあります。彼にIISの話(たとえば、Apache2はMPMでスレッド化を実現したけど、IISだったら最初からマルチスレッドなんだよ。Apache2はまだ出来たばかり。実際に確かめもせず、それでどうしてApacheの品質が(一方的に)良いと言い切れるのか?)をしたら強烈なショックを受けているようでした。
確固たる理由を持った上で「アンチMS」と叫ぶのは良いのですが、なぜ駄目なのか?という技術解説をちゃんとして欲しいし、学生もしっかり勉強して欲しい、って感じました。LAMP/LAPPを自分で選んだのではなく、それしか知らないだけでしょ?ってね。

[1] Posted by: swd at November 28, 2003 02:03 AM [返信]

こんにちは。
いや、実はIIS 6.0とかは静的ファイルの圧縮状態でのキャッシュとかカーネルモードマルチスレッドサーバーとか動的ページの部分キャッシュとか、技術的にもいろいろ工夫されているだけでなく速度もApacheとかよりずいぶんと速いと思います。また、(HTTP/1.0しか使えない)モバイルのサイトとかでもIISの方がLinux Apacheより有利というのはよく聞きますね。

実際のところ、特に業界を限らず、Windowsサーバーはそれなりに見かけますよ。Windowsのセキュリティが改善されれば、、、安心できるのですが。

[2] Posted by: hiroshiy at November 28, 2003 02:21 AM [返信]

技術的要件にフォーカスしてサーバーを選定できるというのは、それを支える資源(おもに人的なもの)がしっかりしているところだと思うのです。「Fortune1000企業」にはおそらくそれがあるのでしょう。
Linux+Apacheで経験を積むほうが楽な気がしますし、Windows+IISは(思い込みも含めて)手を出したら火傷する、「お菓子の家」だという意識があります。
それと、自社サーバーでなくて、レンタルサーバーやポスティング利用のところではやはりApacheが過半数ぽいです。(各事業者のサービス品目を見て)

[3] Posted by: いしだなおと at November 28, 2003 02:02 PM [返信]

>>3 いしだなおと さん
何も考えずにLinux+Apacheに手を出すと火傷しますよ。だから、そういう意味では同じ。

[4] Posted by: いわい at November 30, 2003 05:10 AM [返信]