October 06, 2003

RssRolling に quickSub による「RSSリーダで読む」機能を追加

[ XML ]

RssRolling に「RSSリーダーで読む」というリンクを付けてみました。「RSSリーダーで読む」のリンクの上にマウスを持っていくと、各種リーダー(アグリゲータ)の名前が出てくるので、使っているリーダーの名前をクリック。選択したサイトの RSS を RSS リーダーが読み取ってくれます。なお、SharpReaderFeedDemon のようなクライアント型のソフトウェアの場合、先にそれを起動しておく必要があります。

この機能はblog.bulknews.net の宮川さんから、教えてもらった quickSub という JavaScript で実現しています。宮川さんありがとう。

多くの RSS リーダーは、外部アプリケーション(例えばブラウザ)との連携機能が備わっています。例えば SharpReader や FeedDemon の場合、

http://127.0.0.1:5335/system/pages/subscriptions?url=RSSURL

というアドレスを叩いてやると、「url=RSSURL」で指定したサイトのフィードを読み込むようになってます。「http://127.0.0.1:5335」とある通り、リーダーが localhost の 5335 ポートを LISTEN していて、HTTP GET を解釈しているという仕組みです。

大概のアグリゲータはこの HTTP GET による連携機能を備えていますが、ポートが違っていたり、ASP 型のアグリゲータの場合外部サイトの URL で待ち受けていたりします。quickSub はそれらを管理して適切なリンクを DHTML で表示してくれるスクリプトになっています。

設置はとても簡単なので (スクリプトをダウンロードしてきて HTML にちょっと追加するだけ。quickSub のサイトに書いてあります)、みなさんのウェブログの RSS のリンクにこれを適用してみてもいいかもしれませんね。

Posted by naoya at October 6, 2003 11:37 PM | トラックバック (0)  b_entry.gif
トラックバック [0件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/495
コメント [0件]