September 23, 2003

遅めの夏休みは大阪でリフレッシュ、なわけだが。

[ 私生活 ]

moblog の写真からもお分かりの通り、大阪に遊びに来ています。少し遅めの夏休みを取って、リフレッシュです。半年程前にも大阪に来る機会があったのですが、そのときには行けなかった吉本や USJ などに行って来ました。中川家の漫才は最高でした。

ホテルには proxy 経由でウェブが見れる iMac が一代備え付けられています。ただ、困ったことにブラウザのバージョンが IE 4.5 と古くて、一部の PNG の画像が表示されないとか、CSS をまともにレンダリングできないとか、一部サイトの MIME を正しく判定できずにソースがずらずらと出てきてしまうとかあって、あまり快適ではないです。新しいのをインストールしようかと思いましたが、しっかりユーザ管理されててファイルシステムにアクセスできないようになってます。ううむ、ノートPC持ってくればよかった。

でまあ、環境がそんな感じですし、せっかくの休日だからあまりコンピュータにも触れずに過ごしてみてはいるのですが、正直なところ、あまり喜ばしいものではありません。もちろん、体のリフレッシュという点においては、コンピュータに触れることをやめて外に遊びに行くというのは申し分ないわけです。ただ、"情報が力"であることをダイレクトに実感させられる(と思う)業界で働いているためか、主たる情報源であるインターネットから離れて暮らすというのは精神衛生上はあまり良くないことを実感してます。

たとえ一日に一回鳴るかもわからない携帯電話であっても、忘れて家を出てしまったときにはなんだか落ち着かないという、あの症状にもちょっと似ているかなあ。

使い慣れない iMac でいつも巡回しているサイトのいくつかを覗いてみても、わずか二日の間に大量の貴重な情報が発信されていますし、もし完全にインターネットがない環境で一週間かそこら過ごすとなると、それらの情報はスルーしてしまうわけで、すごく勿体無い。せっかく遊びに出ていても、そのことを考えると、家に帰ったら必死扱いてブランクを埋めなきゃいけないんだなあと思いつつ、ブルーになってしまいます。

よく考えてみると、これっておかしな話です。技術が進歩して、ありとあらゆる情報を瞬時に引き出すことができるようになったおかげで、逆に注目しなければいけない情報が増えてしまって、かえって情報収集に時間がかかるようになってしまっているという。これもやっぱり、携帯を持ったことで、いつでも捕まるかわりに自由を失ったとか、携帯依存症になってしまったとか、そういうのに似てますよね。やれやれ。

# コメントの返事は帰ってから書きます。

Posted by naoya at September 23, 2003 01:06 AM | トラックバック (0)  b_entry.gif
トラックバック [0件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/455
コメント [3件]

何で大阪なんだと一応ツッコミ入れてみたところで、
メディアの発達がもたらす逆説的な不安、と学問的にも結構深く突っ込めそうな話題だね。

[1] Posted by: hiboma at September 23, 2003 06:21 AM [返信]

>主たる情報源であるインターネットから離れて暮らすというのは精神衛生上はあまり良くないことを実感してます。

"電子メール障害は離婚よりつらい”なんてニュースがありましたが、一週間インターネットから離れる、いや、一週間blogから離れるというのは"離婚よりつらい"状態だったりするんでしょうか?

>よく考えてみると、これっておかしな話です。技術が進歩して・・・
技術の進歩が人を不幸にするっていうのは結構ありますよね。
例えば、情報化や機械化で人がいらなくなったせいでリストラされてしまったとか、エネルギーの大量生産で生活は便利になったが、空気は汚れてしまったとか。。。
技術の進歩はトレードオフなんだと思います。
物理学的にいうとエネルギー保存とか、エンタルピーの増大とか。 W

なにかを得れば何かを失う。便利さを得る代わりに自由だとか時間だとかを失っていたり。というかんじでしょうかね。

"技術は人を幸せにするのか"というのは難しいテーマの議論は興味深いですね。

# コメントって< a>が使えないんですね。。。

[2] Posted by: missy at September 23, 2003 06:57 AM [返信]

まあ、あんまり難しく考えてもあれなんですけどね。

確かに時間はかかるようになってしまったけど、その分、得られる情報の質や(単位時間での)量が向上しているのは間違いないわけですから。

問題は、どこで区切りを付けるかってとこなのかも。雑誌とか本だと、一応その一冊を読み終えたところ、新聞だと一刊を読み終えたところで区切りを付けやすいけど、ネットだとリンクを辿り続けるといつまでも終わらなかったり、リロードした次の瞬間には新しい情報があったりでなかなか区切りを付けにくかったりしますしね。

[3] Posted by: naoya at September 24, 2003 01:07 AM [返信]