September 14, 2003

いろんな機種の Xak (サーク) のスクリーンショットが見れるページ。

[ ゲーム ]

木曜日に飲み会があったのですが、なぜか懐かしのゲームの話で盛り上がってしまいました。でも、懐かしのゲームと言ってもマリオとかゼビウスとかではなくて、Might and Magic がどうしたとかロマンシアとかザナドゥとか、エメラルドドラゴンとかいった PC のレトロゲーです。なぜか PC 懐ゲー話は異常に盛り上がる気がします。

で、その中でマイクロキャビンという会社が 1989 年に出した Xak (サーク) というゲームが話題に上りまして、「音楽が良かった!」とか「イースのパクりだけどやたらボスが強い」とか、偶然にもみんな知っているご様子。僕も Xak は小学生のときに MSX でどっぷりはまったというか、初めて自分で買った PC ゲームが Xak だったような記憶があります。

あまりに懐かしかったので今日、エミュレータで遊んでみたりしました。スクリーンショットはこんな感じです。

xak.png

思わず「懐かしい!」と思った人も結構いるんじゃないでしょうか。MSX エミュレータで遊んだので、画面は MSX 版のものです。

この Xak、MSX、PC-88/98、X68000、スーパーファミコン、PC-ENGINE などに移植されていました。僕は MSX 版しかやったことがないのですが、他の機種のやつはどんな感じだったんだろうなあとネットで調べてみたところ、やっぱりありました! 全機種のスクリーンショットを公開しているページ。韓国のサイトのようです。(ハングル文字なので何て書いてるのか良くわかりません)

キャラ物としての色が強かったのって MSX だけだったんだなあと新しい?発見がありました。ていうか機種ごとに違いすぎ。町の看護婦さんが一番笑えますね。MSX はめぞん一刻の管理人さん、X68000 はきまぐれオレンジロードの鮎川まどか。PC-88,98 に至ってはなぜか南野陽子。時代を感じますなあ。

スーファミ版なんか Xak じゃないよ、これ。ひどすぎ。w

Posted by naoya at September 14, 2003 06:09 AM | トラックバック (0)  b_entry.gif
トラックバック [0件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/432
コメント [6件]

XakはMSXでやってるはずなんだけど、全然内容覚えてないです(;;
MSXでやったゲームで内容とタイトルがはっきり記憶に残っているのは、メタルギア1&2とけっきょく南極大冒険くらいかな(笑)

[1] Posted by: ooba at September 18, 2003 01:21 AM [返信]

なぬぃ、Xak を覚えてないとは、なんたることw

けっきょく南極大冒険も話しに出てきました。名作ですねー。

[2] Posted by: naoya at September 18, 2003 01:59 AM [返信]

うわ、懐かしいですねぇ。といっても、内容は全然覚えてませんが (^-^;)
韓国の方のサイトの背景画像に使われている雑誌にはとっても見覚えがあります。
機種間でグラフィックがこんなに違ってたんですね。面白いです。

[3] Posted by: e-doc. at September 18, 2003 03:53 AM [返信]

この背景に使われてる Xak の記事は MSX Fan の特集記事ですね。僕もなんか読んだ気がします。

機種間でのグラフィックの差異がここまで極端なのって、この当時によくあった話ですよね。なんかそんなところにも懐かしさを感じてしまいます。

[4] Posted by: naoya at September 18, 2003 08:02 PM [返信]

前の人もXakはMSXでPlayしていたみたいですけれど僕もMSXでした。クリア後にFM-PACを後で入手して、BGMばっかり聞いていたことが有りました。当時マイクロキャビンはMSXではFM音源では最も有名だったと思います。
それは兎も角、PC-88,98はキャラクタの顔の彫りが濃くてなんか怖いとすら思ってしまいました。個人的にはX68Kの物が気に入りました。

[5] Posted by: 川岸 秀雄 at September 26, 2003 05:27 PM [返信]

僕は MSX2+ だったので FM 音源内蔵でした。Xak の音楽は当時のほかのゲームに比べて、ほんと感動的に良かったですよね。僕は最初のフィールドに出たときのBGMが好きでした。

[6] Posted by: naoya at September 27, 2003 02:21 AM [返信]