September 12, 2003

XHTML がデザイナー業界に浸透し辛い理由

[ XML ]
「cssとかXHTMLってどう?使ってる?」と 僕の身の回りにいるwebデザイナーの人たちに最近色々聞いてみたのですが 彼らが一様に口をそろえて言うのは「まだまですね」という意見。 一般の企業サイトを作る際にはまだまだテーブルデザインが主。

思うに XHTML や CSS で Valid な記述をすることがあまり浸透しないのは、それを行ったときのメリットが見えにくいからというのが大きいと思うんですよね。最近は SEO だ何だで HTML を(見栄えを整えるために使うのではなく)論理構造を表すように表記する利点が少しずつ日の目を浴びてきたように思いますが。

加えて kengochi さんがおっしゃっているように、XHTML + CSS でどういった表現が可能かといった実例がまだ乏しいということも挙がるかと思います。

論理構造とデザインを分離するとか、Programmable なマークアップとかの利点を直感的に理解できるのは、どちらかというとエンジニアの領域にいる人たちであって、対極にいる方には分かりにくいんじゃないかなあと。実際、DreamWeaver のようなツールでぐりぐり描いちゃったり、無理やりテーブルで固める方が(短期的には)楽でしょうし。

1年半ほど前、学生のときに、ちょっとしたITスクールみたいなところでバイトをしていて、プログラミング講座やウェブ作成技術講座のアシスタントなんかをやってたのですが、やっぱりスクールに来られる方々というのは手っ取り早くウェブサイトを作れる方法を学びたがっているわけで、HTML の論理構造がどうだー、CSS がどうだっていう話にはあまり食いつきが良くない。一方、テーブルレイアウトの色んなテクニックとか、DreamWeaver のようなツールの話になると目の色を変えて熱心に勉強されていたような印象でした。

結局 XHTML や CSS ってのは HTML のように人が苦労して手で書いていくものではないんじゃないかなと。(そのための XML?) それこそ CMS などのツールが自動で吐き出せば良くって、普及のためにはそういったある程度のオートメーションが鍵になると思います。一度テンプレートを XHTML で書いて、あとの更新は CMS 任せという。(或いは XSLT による変換かな) XHTML は良いとして、CSS がもうちょっとプログラムから扱いやすいと実現も早いんでしょうけどね。

と、偉そうなことをいいつつうちのページは全然 Valid じゃなくて放置中と言う罠。直さなきゃ..。

Posted by naoya at September 12, 2003 01:59 AM | トラックバック (5)  b_entry.gif
トラックバック [5件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/424
CSSでデザイン宣言!
Excerpt: CSS化されたMacromediaのサイト 正直なところ、私はいままでDreamweaverのコンセプトそのものとも言える、ばりばりのテーブルレイアウトでWEBのデザインをしてきました。仕事の上ではそれで充分に事足りるし、テーブルレイアウトでどのブラウザで見ても崩れない完璧な...
Weblog: 風のまにまに号
Tracked: October 24, 2003 04:06 PM
テキストエディタで
Excerpt: ゼロからページを作れるぐらいじゃないとダメなのよ、ホントは。...
Weblog: gaspanik weblog
Tracked: October 24, 2003 04:40 PM
http://www.4563.org/tools/mt/archives/000010.html
Excerpt: NDO::Weblog: XHTML がデザイナー業界に浸透し辛い理由 XMLとか最先端?のテクノロジーって意外と現場に浸透していなかったりする。 いまさら全部作り直したりするのはしがらみが多くて大変なのだね。 でもXMLとか絶対便利だと思うのであった、、、、...
Weblog: 4563 rebirth
Tracked: January 29, 2004 12:58 AM
◇サイト立ち上げ準備 【WEBページ編】
Excerpt: サイトもまずはコンセプトが必要だ。果たしてどんなものが良いだろうか。。 サイト立...
Weblog: アップアップ! 〔ブログ版〕
Tracked: August 19, 2004 12:46 AM
デザイナーとCMSと情報設計
Excerpt:  ふとデザイナーのCMSに対する考え方を探っていて、面白い記事を見つけました。  デザイナにとってのオブジェクト指向の意味システム設計に、オブジェクト指向という...
Weblog: 福井プログラマー生活向上委員会
Tracked: December 14, 2004 05:40 PM
コメント [2件]

web屋です。CMSの浸透について、同意見です。

近年、大企業のサイトでは、コーポレートサイトと、商品/サービスごとのマイクロサイトとが、別々に構成されることが一般的になってきていますが、さらに、前者はCMS等による保守の簡便化が進み、後者はFlashなどのリッチコンテンツ化が進む、という傾向が顕著なように思います。

企業のコーポレートサイトで提供される情報というのは、ある程度共通性がありますので、情報構造をXHTMLで論理化する方法をある程度パターン化できれば、そのパターンを持つデベロッパにとっては、CMS+CSSは非常に強力な武器になるでしょうね。

CSS+XHTMLは僕もまだブレークしていない技術と思っていましたが、

http://www.csszengarden.com/tr/japanese/?cssfile=/036/036.css&page=1

のサイトに驚いて、近頃勉強中です。最近、予算の問題で1000ページoverのサイトのリニューアル案件をあきらめたことがあったので、、。CSS+XHTMLだったら、、と。

[1] Posted by: abee at September 18, 2003 05:43 PM [返信]

こんにちは、とても参考になるコメントありがとうございます。

僕もそのサイトを見て、驚きました。すごい表現力ですね。

しかし、1000ページoverのサイトのリニューアルって考えただけでも鼻血が出そうです。

[2] Posted by: naoya at September 18, 2003 08:04 PM [返信]