July 23, 2003

「LindowsOS 4.0日本語版」が8/29に発売

[ Linux & UNIX ]
エッジ株式会社は22日、Linuxベースのクライアント向けOS「LindowsOS 4.0日本語版(以下、Lindows)」を8月29日より発売すると発表した。全国の小売店でパッケージ販売するほか、ダウンロード販売も行なう。価格は、単体の「LindowsOS 4.0日本語版」が6,800円、Click-N-Runを付属した「LindowsOS 4.0日本語版Plus」が1万4,800円、Click-N-Run単体が年額9,800円となる。

エッジ株式会社が販売する Lindows 日本語版パッケージの発売日が 8/29 に決定したようです。

わずか短期間で 5 倍の株価上昇をマークしたエッジ。そのきっかけとなったのは Lindows の独占販売権取得によるものだと、CNETの記事を読んだのは一ヶ月前のこと。(CNET Japan 'エッジの株価はなぜ1ヶ月で5倍になったのか')

このところ IT 関連株価がおおむね上昇傾向にあり、さながらプチバブルな様相ですが、その中でも一際存在感を示すエッジ、その本命の製品がリリースということもあって世間の注目度は非常に高いと思います。

この LindowsOS ですが、かつては Wine を使った Windows アプリケーションが完全に動作する "Windows互換Linux"を目標に開発が進められ世間を賑わせていました。が、途中で方向転換?があったようで、残念ながら現在は Windows との互換性はメインではないようです。Lindows というネーミングはそのままだということもあり、2ちゃんねるの Lindows スレなんかを見ても、事情を知らない人はまだ Windows 互換を謳っていると思い込んでいる人もちらほらいるみたい。僕も以前にちらっと耳に挟んだ程度で、確かなところはあまり知りませんでした。(後から Wine for Lindows とか Win4Lin というソフトウェアを追加インストールすれば、それなりの互換性を持たせることはできるようです。)

転換を図った後の LindowsOS 4.0 の最大のウリは、Linux をベースにしながらもデスクトップ用OSとして開発されているという点であり、インストール直後からウェブ、メール、Office などの環境が整えられていて、「Click-N-Run」なる機能を使えば煩雑なインストール作業なしに新しいソフトウェアを加えられるといったところだとか。Windows互換機能のアピールこそなくなれど、やはり敵対ターゲットは Windows のようで、直感的なインタフェース、柔軟性の高いライセンスと安価な価格帯をもってそれに挑むという戦略になってくるのかな。

ただ、エッジのLindowsのページ、この impress の記事、それから 米Lindowsの Lindows 4.0 リリースについての CNET Japan の記事を見てもどこにも「ディストリビューション」という言葉が出てこないのは意図的なものなんだろうけど、「インストールしてすぐ使える」、とか「ソフトウェアを簡単に追加できる」、とか「Windows の UI を真似た扱いやすいデスクトップ」などの訴求点はこれまでの数々の Linux ディストリビューションも全く同じようなことを言っていたわけで、その辺とは違うのだというもっと強いインパクトが欲しいかなという印象を受けました。

ディストリビューション云々の話については2ちゃんねるの Lindows スレに以下のような記述があり、

OSのディストリつー形態をもう辞めてアプリスィートのディストリという形態にした方が判り易いかも。中身は全然同じでかまわないんだけど、統一感を持たせたアプリの集まりに名前を付けて配る。実質すでにそういう意味合いになってると思うし。

なるほどと思うところもあるのだけど、機能の実現手段やら実装形態云々抜きで単純にユーザーの視点から見たら、やっぱり大差ないような気がします。ある程度のリテラシがある人にとっては大きく違うように感じられるのかもしれませんが、簡単とか直感的とかいう点に惹かれるのはもっとライトなユーザ層ではないかと思いますし。

奇しくも Red Hat が次期メジャーリリース以降の店頭パッケージ販売をしないことを決定したというニュース (スラッシュドットジャパン 'Red Hat、次リリースから「箱」を販売せず')がつい最近出ました。この辺の事情からも伺えるように、やはり Linux ディストリビューションの個人向けパッケージ販売で収益を上げるのはなかなか難しいようです。現在は Lindows プレインストールモデルPCの販売などを切り口にしているとのことですが、こういった状況下で Lindows 勢が今後はどのような戦略をもって展開していくのか、要チェックです。

# とりあえず使うだけ使ってみたい気はします。

Posted by naoya at July 23, 2003 12:16 AM | トラックバック (0)  b_entry.gif
トラックバック [0件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/302
コメント [0件]