July 04, 2003

最高のデスクトップ用UNIX系OS としての MacOSX

[ Linux & UNIX ]
LinuxはWindowsを一掃するのではなくて、逆にマイクロソフトのライバルを1社、また1社と、OSビジネスから一掃してくれた。IBMがそう。DECがそう。SCOがそう。それで最後はサンだ。つまりは、Linuxというのは、こうした有料Unixベンダーよりも良い無償のバージョン。これがサーバー世界でのお話。

「Now, with Linux's emergence as an acceptable alternative for the consumer desktop, Apple is standing in position to become its next friendly-fire casualty.」

そしていま、デスクトップOSの「an acceptable alternative」としてLinuxが台頭すると、サーバーと同じロジックで、アップルが「friendly-fire casualty」(「反マイクロソフトという意味での味方」への誤爆の犠牲者)になるポジションにいるというわけ。

この梅田さんの記事では、価格の安さが(デスクトップOSとしての) Linux の強み、それによって Linux が Mac のシェアを抜き去ったとき、過去の歴史上「第3位というのは存在しない」ソフトウェアの世界では Mac が苦しい立場に立たされることになる、という内容が述べられています。Linux と MacOS を比較したうえでの優劣ではなく、それとは別の原因で結果的に Linux が Mac を攻撃した形になるかもしれない、という風に解釈しました。

それじゃあ、Linux と MacOS、ここでは MacOSX を敢えて比較してみるとどうなんだろうと考えてみました。

僕は Mac ユーザではないので先輩の一言をお借りします。以前デスクトップとしての Linux の話をしていたときに Mac ユーザの先輩が「(Aquaを搭載している)MacOSXは最高のデスクトップ用UNIX系OSだよ」みたいなことを言っていました。これには僕も納得させられました。

Linux の GUI 環境と言えば、(誤解を恐れずに言うと) GNOME と KDE がそれに当たります。僕としてはデスクトップ用として Linux を見る場合、OS としてのコアのレイヤ、GUI としてのレイヤとはっきり階層を区別して考えるべきではないかと思っています。多くの場合、デスクトップ用OS としての Linux という話が出るとき、そこで見られている対象はコアとしての Linux ではなく GNOME や KDE といった GUI 環境ソフトウェア、あるいはオフィススィートのような製品です。GNOME や KDE は何も Linux だけで動くわけではないですし、OS のコアの部分と、GNOME や KDE が動く地盤となる X などの GUI 実行環境が切り離されているのが UNIX系OSの一つの良い部分です。

同じ UNIX系OSをコアとして採用している MacOSX と Linux ディストリビューションをデスクトップ分野で比較するのであれば Linux vs MacOSX という構図ではなく、まず GNOME, KDE vs Aqua というGUI レイヤで比較するべきです。その視点から見ると、Aqua は GNOME や KDE よりも遥かに高い完成度を誇っていて、かつスタイリッシュで扱いやすいと思いますし、先輩が言った一言に素直に頷くことができます。更に各 OS 上で動くアプリケーションのレイヤを被せて見ると、MacOSX では iTunes や Photoshop といった数々の優れたソフトウェアが動作するわけですし、そこでも Linux に比べて優位性があると思います。

結果、敢えて Linux vs MacOSX のようにレイヤーを分けずに比較するなら、最高のデスクトップ用UNIX系OSは MacOSX だという結論に達します。

Apple がもし Linux をライバルと見るようであれば、そこをユーザに気付かせるような戦略というのも一つありなのではないでしょうか。

Posted by naoya at July 4, 2003 01:15 AM | トラックバック (1)  b_entry.gif
トラックバック [1件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/246
永遠のデスクトップ
Excerpt: デスクトップは永遠のテーマです。 SunのProject Looking Glassのデモを見て、その想いは、より強くなりました。 Wiredの「さまざまな製品が登場、デスクトップ向けリナックス」という記事を読んで、Windows以外の世界を、もっと追求しなければ、という気持ちが起きてき...
Weblog: uessay(別館)
Tracked: January 27, 2004 02:13 AM
コメント [6件]

メインはWin環境ながら、MacOSX、Linux、BSD、果てはSolarisと、
研究室の鯖構築&趣味で手広く弄っているせいか、当エントリー中での
OSXの扱われ方など、ピンと来たくだりが多く、モニタを前に、ついつい
頷いてしまいました。(笑)

[1] Posted by: Shun at July 5, 2003 02:48 AM [返信]

このエントリでの一言を使わせてもらった先輩以外にも、OSXフリークで UNIX の扱いに長けた先輩がいるのですが、全く同じことを言っていました。無理して GNOME や KDE なんか使うなら、ちょっとお金出して OSX にすると快適だよ、みたいな。

一時期 KDE にヒラギノゴシックを突っ込んで Aqua 風テーマを使っていんちき OSX にしたりもしたんですが、むなしくなってやめました。(w

[2] Posted by: naoya at July 7, 2003 11:53 PM [返信]

筐体&UIデザインと思想が好きで使っていた「しょっちゅう拗ねて言うこと聞かないMac」が、UNIXを取り込んだことによって「いつでもどんなことでも聞いてくれるMac」になりました。
WinやLinuxには物足りないところやできないことがいっぱいあるけど、OSXにはほとんどない。しかも標準で。すごい。

もったいないのは、そういう風に思っているのが、UNIXも使えるユーザだけってこと。
「Windowsの代わり」くらいの気持ちで使っているだけだと、本当の実力の半分も味わえません。
みんなに使ってほしいのに、本当の意味ですすめられないのが非常に残念。
AquaやDockの動き、筐体デザインで「いいでしょー?」とはいえるけどね。

というわけで、以前からいってるようにnaoya氏には強烈にすすめます(^^
G5買わない?かっこよすぎないアレ?(^^
オレはノートでG5が出たら即買いする予定。

話は変わるけど、AdobeがMacを本格的に見捨ててきています。
すまん、オレが悪かった。
ちゃんとお金出すからPhotoshop&Illustratorだけは、出し続けて下さい、Adobe様。

[3] Posted by: ooba at July 8, 2003 01:07 AM [返信]

なんか本題のテーマとちょっとずれたので補足(^^;

そういう意味で、OSXに本当の意味でハマるのはUNIXユーザだと思うし、naoya氏がいっているようにそういう面も推すべきだと思う。
X11も正式版が出たし、意識はしているんだろうけど。
あまりそういう方面ばかり出すと、Jobsがいやがりそうだけどね(^^

ただ、本気でUNIXとして使い出すと、実は結構わずらわしいところが多いのは秘密♪

[4] Posted by: ooba at July 8, 2003 01:47 AM [返信]

て優香

あの名台詞は確か ooba さんから聞いた気がします。「以前からいっているように」の中の一言だったと思います。(w

Mac にも何度か手を出そうと思ったのですが、お金がなかったり、他の PC を買ってしまったりとタイミングを逃しつつ今日まで来てしまいました。

でもなんか blogger はやたら Mac ユーザが多いというのを聞いて、僕も blogger のはしくれだし少しぐらい触れた方がいいかなあとかミーハーなことを思っていたりします。

(脱線ですが)ooba さんなんか blog 書き始めたらはまりそうだし内容も面白そうです。てか、もうやってたりしますか? w

[5] Posted by: naoya at July 8, 2003 11:51 PM [返信]

確かにそういったけどさ、他にも同じ事いってる人多いだろうし、別の人だろうって。
それに、あんな風にかかれたらちょっと偉そうで、自分のことじゃないと思っちゃうじゃん(^^

weblogは、日記と同じで自分にはあわないと思うのです。
世間様に発信できるような考えも知識も内容もないし、なにより持続するパワーがない。
オレがやってもたぶん3日で終わる(^^;
それに、オレがいってることってだいたい誰かの受け売りなのが一番問題(^^;

[6] Posted by: ooba at July 9, 2003 07:46 PM [返信]