June 26, 2003

Emacs と検索エンジン

[ インターネット ]

GNU Emacs はエディタでありながら、その上でファイラーからメーラーまでありとあらゆる種類のアプリケーションが動作するため、「Emacsは(エディタではなく)環境だ」と呼ばれたりします。

昨日ブログした impress の記事「そこが知りたい!検索エンジンの裏側」の中で Microsoft が IE や Windows の中に検索エンジンを取り込もうとしているとありました。それを読んでふと思い出したのが、emacs-w3m です。

emacs-w3m は Emacs 上で動くテキストブラウザです。インライン画像の表示ももうずいぶん前にサポートされましたし、もはや"テキスト"ブラウザと呼ぶのは時代遅れかもしれません。この emacs-w3m では Google 検索をショートカットキー一発で行うことができて、とても便利です。

emacs-w3m を使用している際に S を押すと Emacs のミニバッファに「google search:」と表示されすぐ検索することができます。結果はテキスト画面に表示されます。(上のスクリーンショット参照) また、何かテキストを編集している時やメールを読んでいる時など emacs-w3m を使用していない場合でも M-x w3m-search とすれば Google 検索ですぐに調べごとが可能です。検索が終わったらバッファをこれまたキー操作一発で戻してやればいいというわけです。

ちょっと言葉だとなかなか便利さを伝えにくいのですが。

Emacs をさまざまなアプリケーションが動作する環境、つまりプラットフォームという位置づけで見るならば、emacs-w3m は Google 検索をそこにうまく融合させていて、これは MS が目指しているプラットフォーム(OS)と検索エンジンの融合、考え方としてはそれに近いものがあるのかなあと思いました。そして、Emacs の大きな特徴である他の Emacs アプリケーションとの高度な連携がその価値をさらに高めていると。

navi2ch で 2ちゃんねるを巡回しつつ興味のある単語をマーク(コピー)して w3m-search 、ミニバッファの検索窓にはマークしたテキストが既に入力されているので、そのまま検索。面白い記事があったらバッファを切り替えて Wanderlust でメールで友達に送信、そのままメールをチェックしてたら重要なメールが来たので mhc でメール内容をスケジュール帳に放り込む。ヘビー Emacs ユーザの間では、この程度は朝飯前です。

ちなみに emacs-w3m にはアンテナ機能もついています。サイト巡回もばっちりです。(下はそのスクリーンショット。)


Posted by naoya at June 26, 2003 12:29 AM | トラックバック (0)  b_entry.gif
トラックバック [0件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/222
コメント [0件]