June 14, 2003

ニワトリを殺すな

[ ブックレビュー ]

ニワトリを殺すな』。優良企業ランキングNo.1であるホンダの創業者、故本田宗一郎氏をモデルにしたフィクションでベストセラーにもなった本だそうです。会社で部長に薦められて読んでみました。とても面白く、勉強になりました。絶対おすすめの一冊。

がちがちの失敗減点方式の中で長い間働いていた銀行マンのデビットが、出向先の新鋭ベンチャーの社長であるジェームズに出会い、感銘を受け、新しい人生を踏み出すという寓話。銀行員デビットが考え、実践し続けてきたビジネスのあり方、経営のあり方とは全く反対のやり方で企業を引っ張る社長ジェームズ。今までの環境とのあまりの違いに、はじめは戸惑うデビットですが、現場会議への参加やジェームズとの晩餐を通じて、徐々に引き込まれていく自分に気付きます。

この本は、寓話を題材に真の経営のあり方、モノ造りのあり方、ビジネスのやり方を説いたビジネス書です。

ニワトリの群れは、その中の一羽が怪我をして血を流していると、全員で襲い掛かりそれを殺してしまう習性があるそうです。近頃の企業では誰かが失敗をすると、その失敗の原因を追求するのではなく、その人を責め攻撃するだけの会議が繰り広げられるというのが日常茶飯事。犯人探しに皆が躍起になり、その結果失敗を嫌う体質が企業に蔓延してしまい、新しいことにチャレンジしようと思う気持ちが削がれていく、そんな様子をニワトリの群れに喩えて『ニワトリを殺すな』というタイトルが付けられています。

本田宗一朗の哲学や名ゼリフを元にした、ニワトリの群れに学ぶ教訓のようなビジネスヒントが物語の中にたくさん散りばめられています。

僕はこの手の本はあまり読んだことがなく、それまでに読んだものも特に感銘を受けるような物はほとんどなかったので最初は多少疑ってかかっていたのですが、いざ読み始めると物語の中の銀行員と自分がダブって見えてきて、夢中になってあっというまに読み終えてしまいました。この本が説く様々な教えにときにドキっとさせられたり、感心させられたり、興奮させられたりと、とてもいい本でした。

できれば 社長や上司、先輩、同僚すべてを含めた会社の人に読んでもらいたい本です。みながこの本に書かれているメッセージを理解して実践するようになったら、さび付いた歯車がスムーズに回りだすような気がするのは、僕だけではないはずです。

Posted by naoya at June 14, 2003 06:28 PM | トラックバック (2)  b_entry.gif
トラックバック [2件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/195
ニワトリを殺すな??
Excerpt: 昨日に続いてネタです バキュウムの会社社長のオススメ本で 入社してすぐ、半ば強引に貸しつけられました 「チーズはどこへ行った」とかの2番せんじかや...
Weblog: バキュウムの秘密基地
Tracked: August 19, 2004 10:43 AM
ニワトリを殺すな
Excerpt: この秋に読む!TOPエンジニアが刺激を受けた25冊/Tech総研で紹介されていた...
Weblog: よろず研究日誌
Tracked: October 25, 2005 11:04 PM
コメント [0件]