June 12, 2003

IM と女子高生

[ インターネット ]
最近のティーンは、チャット感覚で携帯電話のメールを友人同士で交わしているが、IMはパケット料金がかからない携帯メールといった感覚。IMがPCを始めるキッカケになっていることも多い。

僕が初めて IM に触れた当時はポケベルがまだまだ使われていたころだったと思うんだけど、当時ネット仲間とメッセージを交換してるときに「これってパソコンを使ったポケベルみたいなもんだなあ」と感じたのを思い出しました。

女性中高生にまで IM が広まりつつある背景には常時接続の普及とか、学校でのパソコン授業でのリテラシの底上げとか色々理由はあるんだろうけど、そんなことより ICQ とかポケベルとか言ってる自分のオヤジ臭さに合掌。いちお、これでも 25 です。

but、同じこと考えた人多数ありとの予想。

女性アイドルを使ったMSNメッセンジャーイベントでは20‐30代の男性が中心となるが、お目当てのアイドルがメッセンジャー上からいなくなると、男性ユーザーはさっさといなくなってしまう。だが10代の女の子が中心だった今回は、イベント終了後もずっと会話を続けていて、最後には参加者同士が“メッセ友”になってしまった

EZ!TV あたりが好んで取り上げそうな話ですが、やっぱりこれも大きなビジネスチャンスなのかもしれないですね。しかしまあ、比較対象が「女性アイドルを使ったMSNメッセンジャーイベントに訪れた男性」ってのがあまりに極端な気がしないでもないですが。

Posted by naoya at June 12, 2003 12:30 AM | トラックバック (0)  b_entry.gif
トラックバック [0件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/189
コメント [0件]