May 21, 2003

Sign & Ultimate Crash '02

[ 鬼束ちひろ ]

m_single7.jpg dvd4.jpg

鬼束ちひろの新曲「Sign」と、昨年11/5の武道館ライブ「Ultimate Crash '02」の DVD が出る。僕は一足先に手にいれた。個人的に新曲の Sign はアリだと思うのだが、2ちゃんねるの鬼束ちひろスレを見てると賛否両論でばっくり二陣営に別れた感じだ。まあ、「月光」や「infection」なんかを期待してた人にはしょうがないんだろうな。「Suger High!」で見せた鬼束の新しい一面からいくと自然な流れでできあがった新曲だと思うのだけど。

とまあ、新曲の方はそんな感じだけど、もう一方のライブのDVD、これは痺れた。このライブの映像は数ヶ月前に一度 WOWOW で放映されて、僕も友達にビデオを撮ってもらって見んだけど、その放映ではカットされていた曲も全て入っている。何より、ビデオでみるのと DVD で見るのとでその迫力の違いに驚いた。単に映像や音声が綺麗だとかそういう話ではなく、鬼束ちひろの圧倒的な歌唱力とライブパフォーマンス、ハイレベルなバックミュージシャンの演奏が DVD だとそのまま伝わってくる感じ。買って良かった。

中盤の「Tiger in my Love」はピアノが羽毛田丈史と富樫春生の連弾なのだが、ビデオで見たときはピアノの連弾が立ちすぎて周囲の演奏とかみ合っていない印象だったのだけど、これもやっぱりDVDみるとまったく印象が違ってて、感心してしまった。

特に見ごたえがあったのは17曲中の12曲目「BORDERLINE」。鬼束ちひろのライブといえば、何かが乗り移ったかのように鬼気迫る歌い方をする彼女の姿が有名だが、このライブの中でもそれがピークに達しているのがここだと思う。続くナンバーが一転してユーミンの「守ってあげたい」というところもまた良い。このライブは11/5で、「守ってあげたい」が収録されている「Queen's Fellows」が発売されたのが 12/11 だから、ライブで聴いた観客は驚いたろうし、喜んだろうなあ。僕も行きたかった。

アンコールの「月光」は冒頭が完全アカペラ。武道館満員の観客を目の前にしてもまったく動じず歌い上げるところはさすが。ラストは「Castle Imitation」のシングルバージョンで締め。ライブ終了後、武道館から観客が引いていく様子も映像に収まっているのだが、そのバックで流れるのは同じく「Castle Imitation」のアルバムバージョン。ライブの終わりと曲の雰囲気がぴったりマッチしていて、そこでまた一つ感動。

総じて、鳥肌立ちまくりのライブ映像でした。これはおすすめです。

Posted by naoya at May 21, 2003 12:21 AM | トラックバック (0)  b_entry.gif
トラックバック [0件]
TrackBack URL: http://mt.bloghackers.net/mt/suck-tbspams.cgi/103
コメント [0件]